ナイトサファリとは

ナイトサファリしゃ、シンガポールの代表的アトラクションである「夜の動物園」があります。オリをできるだけつくらないシンガポール動物園のコンセプトをそのままに、月明かり程度の照明の中で、ごく自然な感じで夜行性の動物の夜の行動を見られるようにしてあります。
それとは別に、日本では富士サファリパークや那須サファリパーク、九州自然どうぶつ公園など、各地のサファリパークで夏休み限定で夜のサファリゾーンをオープンしています。

富士サファリパークでないとサファリツアー

富士サファリパークでは夏休み期間に真っ暗なサファリゾーンをを開放しています。専用バスに乗車、20時以降の真っ暗なサファリゾーンで野生動物の姿をナイトスコープ(夜間用特殊器材)で観察 します。所要時間は1時間。マイカーの場合は19時半までで、。暗視スコープはありません。
この間はないとウォーキングも人気になっています。スタッフによる解説を聞きながら、ウォーキングサファリコースを歩いて、猛獣ゾーンを見学。ライオンにエサをあげたり、トラを間近で観察したり・・・。コース途中からはマイクロバスに乗って草食動物ゾーンを見学するワクワクドキドキ約1時間のツアーです。

直ぐ近くで夜の動物を見ることができる東山動物園

サファリパークでは動物を目の前で見ることができませんが、名古屋の東山動物園ではおりの動物を目の前で見ることができます。赤いライトの証明があり、きりんなどをぼんやりと見ることができます。

スポンサードリンク


超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪ホワイトデーギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...